wiiスーパーマリオギャラクシー〜可能性から現実へ〜

wiiスーパーマリオギャラクシーのプレリリースにあった構想は、2000年のゲームキューブ発表会の際に試作として発表したマリオ128のシステムをなんとかして皆に楽しんでもらえないか、ということから始まったらしいのです。wiiスーパーマリオギャラクシーの原案であるマリオ128は、球形のステージの中をマリオを自由自在に操るというもの。特に開発部では5年も前から球形の可能性=今回のwiiスーパーマリオギャラクシーの市場投入の可能性と実現を探っていたわけです。当時のその構想はもちろん先行き不透明だったので、少数開発人数で惑星をテーマに重力ネタも加点して試作デモを作り、試行錯誤しながら開発を進めていくという方法が取られたそうです。wiiスーパーマリオギャラクシーには3Dアクションの浸透を訴えかける、製作者としての遊び心・好奇心=つまり挑戦を感じずにはいられませんね。wiiスーパーマリオギャラクシーで3次元になったマリオは新たな可能性が増えた反面、操作が難しくなったり、ゲーム初心者には難しいのかも?という傾向も見られました。そのため、それを克服する為に大規模なモニターを取り、意見は積極的に取り入れ、アクションの内容も工夫をし、wiiスーパーマリオギャラクシーでは初めてでも遊べるマリオを作ったといえるのではないでしょうか?
wiiスーパーマリオギャラクシーの未知なる可能性と、その評価を気にせずにはいられませんね。

Wii用ソフト『スーパーマリオギャラクシー』の公式サイト
総合サイト集 NaviCube Dan David Prize Cypollo.COM Labike.ORG/ mbdcwa.COM お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。